エアコン取り外しの費用相場は?【場合によっては追加費用が発生】

記事リスト

自分でも行うことが可能

空調

作業手順を押さえる

エアコン取り外しは、引っ越しなどのシーンで必要となる作業の一つで、大体は業者に依頼することが多いです。しかし取り外し自体は、ツールが存在すれば自分自身でも行うことができ、六角レンチ・ドライバー・トルクレンチ・カッターが存在すれば行うことができます。まず冷房運転を行い、配管や室内機にある冷媒を回収して、その後に配管のジョイント部分をレンチによって取り外すことで可能となります。配管は粘着テープや断熱材で覆われていることも多いため、それをカッターで切ってジョイント部分を露出する必要があります。なお冷媒の回収の仕方は冷房運転を5分ほど行いますが、その際には六角レンチで室外機側の送り配管のバルブを閉めます。その後、5分ほど運転したら受け側の配管を閉めれば圧縮機に冷媒が回収することができます。圧縮機が冷媒を配管を循環させる形になりますので、送り側のバルブを閉めるだけで必然的に圧縮機に冷媒を回収することが可能です。それが終了した後に配管を室内機や室外機からトルクレンチを用いて取り外しを行い、それによってエアコンの取り外しが完了します。エアコンの取り外し自体を業者に依頼すると相場的にも高い費用が掛かるケースもありますので、作業が慣れている人や自宅に取り外すための道具が揃っているという人などは自分で行うと良いでしょう。もっともエアコンの取り外しで不明な点がある場合には、ネットなどでも詳細に解説している場合もありますので、そこで調べながら作業を行っていくと良いです。しかし、作業が慣れていない人や忙しくてなかなか作業ができない人などは専門の業者に依頼することをおすすめします。